< PREV 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10

2013.07.18

業界常識を打ち破る

9月7日(土)の第10回後継起業家オープンセミナーにゲストで来ていただく礒崎さんとランチをしました。

後継起業家オープンセミナーはこちら↓
http://www.koukeikigyouka.jp/seminar.html#s_isozaki

礒崎さんはいま、不動産・賃貸・住宅情報WEBサイトの「HOME’S」を運営しているネクストという会社にいますが、来年から親族の会社を引き継ぎ、後継社長になる予定です。

そんな礒崎さんに「今の心境」などを語ってもらおうとしているのが、第10回後継起業家オープンセミナーです。

 

さて、話は「HOME’S」に変わります。

このHOME’Sというサイトは、業界常識を打ち破ったサービスなのです。
その結果、事業はどんどん成長しているのです。

もともと不動産業界のWEBサイトは、掲載課金(業者が情報を掲載するのに料金を支払う)が常識だったのですが、HOME’Sは反響課金(問合せがあった量に応じて料金を支払う)に変えたのです。

というのも、この業界では、問合せの電話等があってから相手にお得物件を小出しに紹介する商習慣があったのですが、消費者は最初から全ての情報をきちんと見たいはずだと信じ、業者からのクレームを恐れず、業界革新のサービスを立ち上げたのです。反響課金であれば、最初から全ての物件情報をオープンにせざるを得なくなります。

案の定最初は、賃貸業者からたくさんのクレームが来たといいます。

しかし続けていくうちに、消費者が味方になって来てくれたとのことです。

そしていまでは、業界のリーディングカンパニーに。

やはり「お客様」をみて事業を創造、展開することが一番正しいことだよなと改めて感じました。

ここまで来るのに、足掛け5年かかったとのこと。

業界革新には、それくらいの時間軸も必要なのでしょうね。

後継起業家を目指す方は、自社のビジネスだけではなく、業界そのものの常識を疑い、新しい業界文化を築いていくことまで、視野に入れてもいいのかもしれません。

改めて事業の大切さと、時間軸の感覚を学びました。